ご祝儀の基本相場と巧いきりぬけ方

結婚披露宴の招待を受けた際に、どの程度のご祝儀を用意するのが一般的なのか知りたい人は多いでしょう。通常であれば、結婚披露宴で準備されるお料理の金額と引き出物にかかった費用を見るのが良いと言われています。


とはいえこの頃の傾向では、結婚式場を利用した披露宴を催す数が減少してきているのです。


パーティー会場を貸切りにしたり、雰囲気の良いお店で結婚披露宴を行ったりと、人それぞれの好みが重視されるようになっています。ですから、実際のお料理の費用を的中させる(近づける)のは、決して容易なことではないのです。


いい大人が知らないとは言えないのがご祝儀の厄介なところですが、相場が存在しているのです。


例えば、友人や知人については、2万円から3万円程度が平均的なご祝儀相場だと言われています。


勤務先の絡みでは、自分との位置関係で金額が異なるのです。基本的には、社内の先輩や同僚のケースでは金額を2万円から3万円にすれば問題ないでしょう。後輩のケースなら3万円が、部下であれば3万円から5万円が相場と言われているのです。外部の会社の人に関しては、3万円から5万円が相場とされています。


親族でも、立場によって包むご祝儀の金額は分けられます。兄弟・姉妹や甥・姪に関しては、5万円から10万円と多めに用意することが求められます。いとこに対しては3万円、これら以外の親族に対しては3万円から5万円が一般的な相場になっています。


しかし、相場は相場です。地方がどこかで相場は変わってきますし、年齢が違えば金額にも影響してくるのです。


結婚のご祝儀で問題になるのは、持ち合わせに余裕がない場合に関してです。ご祝儀が少ないのではないかと気掛かりになってしまうのです。


相場に満たないご祝儀が気になる場合には、記念品を贈るなどといった切り抜けかたがあるのです。

相場と巧いきりぬけ方エントリーリスト


相場と巧いきりぬけ方をdel.icio.usに追加する 相場と巧いきりぬけ方をニフティクリップに追加 相場と巧いきりぬけ方をLivedoor クリップに追加 相場と巧いきりぬけ方をFC2ブックマークに追加 相場と巧いきりぬけ方をはてなブックマークする 相場と巧いきりぬけ方を含むはてなブックマーク このblogをはてなアンテナに追加