ご祝儀袋の表書きも要注意

結婚のご祝儀袋というのは、表書きにも遵守すべきマナーがあります。どの筆記用具を使用するのかというマナーがあり、ボールペンや万年筆などで書いてはいけません。


また薄墨で書くことについて言えば、仏事の書き方ですので向きません。結婚で用いられるご祝儀袋の表書きには、筆ペン、毛筆、サインペンを用いましょう。
表書きに関し、寿や御結婚祝といった文字は大きく、これに対し氏名は小さくするのが格好良く仕上げるポイントなのです。


ご祝儀を個人で贈る際には、名字と名前を中央に書きます。夫婦については、水引の中心部分から下に姓を書き、右から左に向かって夫と妻の名を夫の名の高さに沿って縦書きします。


連名については、書き込み方が少し違っています。連名で名前を書けるのは3名が上限と決められています。水引の中心部分の下から左に向かい縦に並べて書きます。歳や立場が一緒のケースでは、五十音順に合わせて書き込みます。


見た目のバランスが乱れているように感じるかもしれませんが、マナーを守っているので恥をかかずに済みます。


そして、上限を超える場合にはどうしたら良いのでしょう。


大人数の場合には、代表になる人を選定して水引の中央から少し下に代表者名を書いて、あとは他一同と書きましょう。専用の紙を準備して、全ての人の氏名を書き込み、中包みに入れて下さい。この際の紙には、奉書紙や半紙を使用します。


結婚披露宴に会社の代表で出る場合には、会社の名称を記さなくてはいけません。具体的には水引の真ん中より下に名前を書き、名前の少し右上から会社名を小さめに書きます。


結婚のご祝儀袋に巧みに筆を使って文字を書くのに、自信があるという人はそれほど多くありません。


ただし、マナーに含まれるのは丁寧に書かれた楷書であり、無理に綺麗に書こうとしなくても良いのです。

 

「表書き」も要注意エントリーリスト


「表書き」も要注意をdel.icio.usに追加する 「表書き」も要注意をニフティクリップに追加 「表書き」も要注意をLivedoor クリップに追加 「表書き」も要注意をFC2ブックマークに追加 「表書き」も要注意をはてなブックマークする 「表書き」も要注意を含むはてなブックマーク このblogをはてなアンテナに追加