プレゼントの落とし穴

結婚のご祝儀の他にもプレゼントを準備する場合があります。結婚式の日は時間的余裕がありませんので、結婚式の前に渡すのがマナーなのです。


結婚のお祝いの場合、贈るのに適さない物品や、慎重に扱うべき数字が存在しています。


そのひとつとして言えることは、刃物や割れ物に含まれるものは結婚のお祝いとして望ましくないということです。包丁やナイフというような刃物や、陶器やガラス製品、鏡というような割れるものがこれに当たります。前者については切れてしまうことを、後者については割れてしまうことを、思わせます。


包丁やナイフはともかくとして、コーヒーカップやティーカップの贈り物はマナー違反にならないことがあります。当然、どちらも割れ物に含まれますが、新郎新婦側が希望していれば良いのです。現在では、割れると数が増えることが幸せに比例すると考えて、割れ物であっても良い方に捉える人が多くなっています。

割れ物に該当する花瓶、グラス、カップなどの品物をご祝儀に上乗せして贈られることも珍しいことではありません。


カップは2個セットが基本になります。偶数はあまり良くありませんが、この場合は1ペアと考えられるので特に気にしなくても良いと言われています。お祝いに向かない数字は2・4・9と言われています。別れをイメージさせる数字であることと、死や苦しみと結び付けられる数字という理由があるからです。


例外としては、2客セットのカップ同様、1ペアになっていたり、1ダースで考えられるものは問題ないとされています。ですから、晴れて結婚を迎える二人が気分を悪くしないものならマナーを遵守したと考えて良いでしょう。


そして、プレゼントを貰うのが異性のケースでは、細心の注意が必要です。個人でアクセサリー類を贈るのも疑いを招きますので、結婚を迎える二人の仲をご祝儀で壊すことがないよう、贈り方を熟慮しましょう。ペアで身に付けられるものを贈ったり、何人かで贈るようにすると良いでしょう。

プレゼントの落とし穴エントリーリスト


プレゼントの落とし穴をdel.icio.usに追加する プレゼントの落とし穴をニフティクリップに追加 プレゼントの落とし穴をLivedoor クリップに追加 プレゼントの落とし穴をFC2ブックマークに追加 プレゼントの落とし穴をはてなブックマークする プレゼントの落とし穴を含むはてなブックマーク このblogをはてなアンテナに追加