「親族」は特に注意を

結婚式に参加するにあたって、ご祝儀袋を渡すのに適したタイミングが分からないのは、親族であることが多いと言われています。


他の招待客と同じように、披露宴の受付で渡そうという人がいるのですが、実はそれはマナー違反だと言われています。日程の調整などが難しかったりしますが、結婚式より前に当人にご祝儀を渡すことがマナーなのです。親族に当てはまらなくても、無理なく本人に会えるところにいるなら、同じようにするのが良いと言えます。


挨拶を結婚式当日にするのは少々無理がありますので、前もって済ませておけば本人と話ができます。縁起が良いのは大安の日で、お菓子箱の上面をお盆の代用にし、ご祝儀袋を乗せて贈れば間違いありません。お盆をお菓子で代用する際には、水引飾りがご祝儀袋に施してありますので、のし紙をお菓子にかけなくても大丈夫です。先回りでお祝いを済ませた場合、受付でお祝いを贈ってあることを伝えましょう。


親族でもお祝いを早期に贈れなかったという人は、結婚式が開かれるまでに親族控え室で新郎新婦の親に渡すチャンスがあるので安心しましょう。しかし、新郎新婦だけでなく両親も、この日ばかりはプレッシャーがあるでしょう。時間があれば、結婚式の日の2週間もしくは1週間前までに贈るようにしましょう。都合が合わず持って行けない人は、現金書留を使って渡すこともできるのです。


ご祝儀袋を現金書留の封筒に包み、窓口で手続きを済ませるだけです。現金書留で送る行為は相手の気分を害するのではないかと気にする人もいますが、時代の流れから世間一般で利用されるようになりましたので、何の問題もありません。

「親族」ならではの注意

親族が結婚するときのご祝儀というのは、そうではない場合と比較にならないくらい高額になります。親族同士で合わせるようにしているのなら戸惑うことはないのですが、意思疎通ができていない場合は戸惑います。


詳しいご祝儀金額は、それぞれの地方で違いが見られます。兄弟など近親者のケースなら、ご祝儀金額は10万円くらいが常識だと言われています。


ご祝儀だけであれば10万円で足りますが、新婚生活に際して欲しいものを新郎新婦から聞き出せるのが親族ですから、高額な品物を購入することも珍しくありません。


洗濯機、冷蔵庫、炊飯器のような電化製品をご祝儀の不足分に充てたり、新居に必要な家具を贈ると言った具合です。親族であるからこそ、新郎新婦が欲しがっている品物を贈ることが可能なのです。


ご祝儀に上乗せして高値のプレゼントを用意したときには、ご祝儀にお品書きを入れるのが一般的です。


贈った品物の影響で、ご祝儀の金額が約2万円になる例も見受けられます。結婚祝いとしては非常識な数字になってしまった場合には、良い対処方法があります。2万円の金額に関してはそのままにしておき、1万円札と5千円札の合計が3枚(奇数)になるようにします。どうでも良いと考える人は少なくないでしょうが、マナーですから覚えておきましょう。


また親族の中には、結婚のご祝儀に留まらず、新婚旅行で役立てるようにとお餞別を渡すことがあるのです。贈られたら、引き出物や引き菓子に付け加えて、新婚旅行のお土産を届けるのが常識です。


親族間では他とは違った品物を貰うことがあります。判断の仕方が分からないときには、それぞれの両親の力を借りるようにしましょう。

「親族」は特に注意をエントリーリスト


「親族」は特に注意ををdel.icio.usに追加する 「親族」は特に注意ををニフティクリップに追加 「親族」は特に注意ををLivedoor クリップに追加 「親族」は特に注意ををFC2ブックマークに追加 「親族」は特に注意ををはてなブックマークする 「親族」は特に注意をを含むはてなブックマーク このblogをはてなアンテナに追加