連名のご祝儀ってアリ?

連名による結婚のご祝儀というのは、マナーの観点からみてどうなのでしょうか。

結婚披露宴に招待する側は、席を確保する一人一人に招待状を送付しています。夫婦や親族での出席ということでしたら、夫婦や親族に一通ずつ送りますので、ご祝儀袋を連名にしても大丈夫なのです。

しかし職場の同僚や友人が一緒に、悪気なくご祝儀を連名にする場合がありますが、それはマナーに反することになるので注意しましょう。 友人一人ひとりに招待状を送り、席と食事を押さえているのですから、連名のご祝儀にしようなどというのは恥ずべきことなのです。

ご祝儀を何人かの連名にするのは、披露宴に呼ばれるような繋がりはないけれど、何かお祝いをしたいという希望があるケースが考えられます。職場一同以外にも、友人一同あるいはサークル一同などの場合が挙げられます。

この他、ご祝儀金額を低額に抑える目的で連名の方法にする人が存在します。 連名で贈る案を同僚や友人から出されたら、マナーに反すると指摘しましょう。どのような人でも結婚のご祝儀の下限金額を意識するものです。連名は個人より気が楽でしょう。とはいえ、マナーの悪さを露呈することになりますので、披露宴に招かれたときの連名はあり得ないということを肝に銘じておきましょう。 連名で準備するご祝儀は、披露宴に出席しない人が先に新郎新婦に贈る際にできることなのです。

包む金額に不安があるようでしたら、プレゼントで補っても一向に構いません。このときにも、本番を迎える前にプレゼントを贈る方が煩わしい思いを新郎新婦にさせずに済みます。 披露宴に参列してもらう側は、準備にかなり気を遣っているわけですので、新郎新婦に対して思いやりのある行動を心掛けましょう。

 

連名のご祝儀ってアリ?エントリーリスト


連名のご祝儀ってアリ?をdel.icio.usに追加する 連名のご祝儀ってアリ?をニフティクリップに追加 連名のご祝儀ってアリ?をLivedoor クリップに追加 連名のご祝儀ってアリ?をFC2ブックマークに追加 連名のご祝儀ってアリ?をはてなブックマークする 連名のご祝儀ってアリ?を含むはてなブックマーク このblogをはてなアンテナに追加