披露宴二次会でのご祝儀

結婚のご祝儀には、数種類のケースが存在しています。


結婚式だけに出席する、披露宴に限り参席する、2次会だけ祝う、どれにも当てはまらないなどがそうです。


結婚式限定で参列する際には、ご祝儀を用意しなくても良いと判断するのが普通です。


でも、ご祝儀はお祝いの気持ちを表したものですから、代わりにプレゼントをするという人も珍しくはないのです。


顔を出す側というより、新郎新婦側の理由で披露宴を行わないケースがあるので、その場合のご祝儀はあまり高額でないほうが良いでしょう。金額なら披露宴を見る場合に出す分の半額で足りると言われています。友人や知人くらいの仲でしたら、1万円程度のご祝儀金額にするのが望ましいでしょう。


披露宴に顔を出すのでしたら、本などで年齢による相場の違いが把握できますので、積極的に使いましょう。披露宴ではお料理の代金が1万円から2万円ほど、引き出物と引き菓子の代金が5千円と考えます。お祝い金として約1万円が残ると予想されます。2次会は大抵会費制になりますから、プレゼントを会費に追加するケースが普通のようです。


二次会は親しい仲の人たちで実施されるイベントですので、思い切って受け取って嬉しい品物を本人に聞いておきましょう。結婚披露宴に続いて開かれる2次会では、プレゼントの数によっては持ち帰りにくくさせてしまいます。当日の方が望ましいのか、事前の方が嬉しいのか話しておきましょう。


2次会でご祝儀を贈る場合、受け取る側に負担を掛けてしまいかねませんので、お金より品物が望ましいでしょう。当日は都合が悪くても、どうにかしてお祝いをしたいということなら、品物を選択するのが適しているでしょう。

二次会でのご祝儀エントリーリスト


二次会でのご祝儀をdel.icio.usに追加する 二次会でのご祝儀をニフティクリップに追加 二次会でのご祝儀をLivedoor クリップに追加 二次会でのご祝儀をFC2ブックマークに追加 二次会でのご祝儀をはてなブックマークする 二次会でのご祝儀を含むはてなブックマーク このblogをはてなアンテナに追加