ご祝儀のお返し

結婚については、式や披露宴に顔を出した人だけから、お祝いを渡されるとは限りません。結婚式や披露宴に参席した人には引き出物を用意してお返ししますが、当てはまらない人にはご祝儀によってお返しをしましょう。


絶対にお返しをしなければならないと決定しているようなことはありません。ですが、現状では70%の人たちがご祝儀のお返しをしています。


結婚のお祝いを頂いたら、誰から受け取ったか把握しておくことが大切です。ご祝儀のお返しをするタイミングとしては、結婚式を終えてから1ヶ月以内に届けられるように準備します。


お返しの金額は大抵、ご祝儀の半額で、これと同様の金額の品物が良いと考えられています。お祝い返しの定番に位置付けられている品物は、役に立つ生活雑貨・日用品・家庭用品です。


ご祝儀にお祝いを上乗せするときには、選択可能な品物の自由度は低くなってしまいますが、お返しでしたらあまり悩まなくても良いのです。お祝い返しの用意が結婚式までに間に合えば、結婚式後スムーズに贈れるようになりますので、表書きは「寿」にするのが通例です。この「寿」に関しては、結婚式から一週間で、使用に向かなくなります。


それ以降にご祝儀返しを渡すときの表書きは「内祝」にするのが一般的です。
この点、お返しを売っているお店で対応してもらえますが、把握しておいて損はしないでしょう。


水引の下に書く姓は、新姓なので旧姓と間違えないようにしましょう。


お礼を結婚式や披露宴に参列できない人にするのなら、贈った本人に会うことが難しかったりしますので、お礼状を付けるのが無難です。


親密な関係の人には、新婚旅行で購入したお土産で済ませたり、新居に呼んでお返しするのも悪くないでしょう。

ご祝儀のお返しエントリーリスト


ご祝儀のお返しをdel.icio.usに追加する ご祝儀のお返しをニフティクリップに追加 ご祝儀のお返しをLivedoor クリップに追加 ご祝儀のお返しをFC2ブックマークに追加 ご祝儀のお返しをはてなブックマークする ご祝儀のお返しを含むはてなブックマーク このblogをはてなアンテナに追加